プリント基板上での寄生キャパシタと寄生インダクタンス

大雑把に1cmでC=1pF, L=5nH程度のようだ。
http://www.elsena.co.jp/elspear/specialist_column/technology_column3.html

オシロのホールドオフタイム

オシロにおいて、ある一定期間の最初のパルスにトリガを合わせたい場合がある。このときは、オシロのホールドオフタイムという機能を利用するといい。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070916/139209/

LCRメータの使い方

open及びshort校正は、被測定物に接続する直近で行う。基板の寄生容量などを測るとき、片側に基板GNDを接続してオープン補正を行う。ショート補正は基板GNDに二端子を接続して行う。

B2912AがPCと接続出来ない場合

ファームウェアを書き換えた上で、Factory Resetを行えばよい。
LANの場合は、IPアドレスを手動で打ち込んで接続しなければ認識されない場合もあるようだ。

more > system > more > factory